fbpx

練習場の人工芝のマット

東京でゴルフレッスンをお探しの方、マンツーマンゴルフレッスン専門のVZONEGOLF銀座です。ゴルフレッスン、ボディコンディショニング、ゴルフギアのサポートしてます。飛距離アップに悩んだら是非、ご相談ください。最短で目標達成します!今回は【練習用マットの弊害】について説明します。

練習場のマットは、ダフってもナイスショットに!
これは良く言われることですね。人工芝のマットは柔らかく滑るので、少し位のダフりでも、ナイスショットかの様に打ててしまうのです。皆さんも経験があると思いますが、これをナイスショットだと思い練習を続けていると、コースではダフリのミスショットに繋がります。故に、練習場でのダフりは本番での大ダフりなのです。少しダフって打った時には、深い鈍い音(ドス・ボフッ)がすると思います。この音を、ターフが取れていると勘違いしている人も多いです。上級者と思われる方のショット音は、少し乾いた音(シュ・カシ)、又は厚い音(バシ・パチン)で打っているのが分かります。乾いた音はトップしているのではないか?と思う位で始めは十分と言えます。トップの時は球が重く感じます。

練習場でティーアップするのは、ドライバーだけですか?

練習用マットは、ゴムティーでも打てるようになっていますが・・・皆さんは、練習場でティーアップの練習もしていますか?「もちろんやっていますよ!ドライバーはティーアップして打つじゃないですか?」という答えが返って来そうです。しかし、短いゴムティーで様々なクラブの練習はしていますか?実際、ショートホールや短いホールなどでは、ドライバー以外のクラブでティーショットを打ちます。練習もせずにコースでいきなり短いティーアップで打てば、当然ミスも出現します。

練習場でこそ、ティーアップして様々なクラブを練習してみましょう!
「大丈夫です♪」マットで直にボールを置いて打っているのですから、ティーアップしたら問題はありません!という答えも多くありそうです。これが間違いの発端です。前記通り、マットは少しくらいダフってもナイスショットになります。しかし、ティーアップして打ったらテンプラ等のミスショットになります。特に、左への引っ掛けの多さに気付く事でしょう。理由は、ボール位置が地面より上にある・ティーアップすると右に体重が残りやすい・ゴムティーに当たってヘッドが返るetc・・・です。普段より高めのティーで練習をすると、レベルスイング(払い打ち)になるので、上から打ち込む癖=アウトイン軌道なども軽減できます。始めは力んでしまいますが、ソールしないでショットすれば、体幹で打つ練習にもなります。練習場でも小まめにティーアップをし、アイアンやユーティリティー、フェアウェイウッドなどのクラブでも、芯で打つ確率を高める練習が必要です。いろいろ試して練習も楽しみましょう!

VZONEGOLFオンラインコミニュティ
参加はこちらからどうぞ


ID:@tmv5843h

★これからもVZONEGOLFオンラインコミニュティでゴルフをエンジョイしましょう!

東京、銀座にマンツーマンレッスン&ストレッチのVZONEGOLFではお一人お一人のプログラムにて上達を目指します。世界一正確なレーダー弾道測定器、トラックマンでスイングを解析しウィークポイントをピンポイントで修正して行きますので短期間で目標達成も可能です! スイングを支える身体のメンテナンスもお任せください。スイングストレッチで思いっきりスイング出来るコンディションを取戻しましょう!クラブ診断も受付中です!

★★★ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。
スイングに悩んだら、スイング診断へお申し込み下さい。
スイング診断はこちらをご覧ください!


VZONE GOLF GINZA

東京都中央区銀座3-14-13 第一厚生館ビル B1F
レッツゴルフ銀座内東銀座駅より徒歩2分

友だち追加

最近の記事

PAGE TOP