fbpx

今でも記憶に残スペインの英雄、セベ・バレステロス

1991年第32回大会、この年、中日クラウンズで最終日、最終組でセベバレステロスと同じ組でキャディしてました。とても気迫が前面に出るタイプの方で最終日もよく曲がりましたが、目を疑うようなリカバリーの連続で最終日、18番のショットは驚くしかなく、流石でした🤩

ただ、プレーは遅かった😅 林の中から出て来やしない、とてもマイペースな方でした。マスターズでも13番のアーメンコーナーの左の林に打ち込んで、競技委員呼んだり、処置で納得のいくまで引き下がらず、ずいぶん待たされた記憶がありましたが流石どこからでもピンを狙う天才プレーヤーでした!

https://hicbc.com/special/crowns/new/history/timeline/1990-1999/cup32/

友だち追加

最近の記事

PAGE TOP