fbpx

トラックマンレッスン

ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。ボールが上がらないや方向性が安定しない女子生徒さんのスイングをトラックマンで解析しました。

トラックマンでスイング解析
まずはトラックマンでスイング解析しました。ウェッジからドライバーまで順にデータ計測してみると、まずボールが上がらないポイントがフェイスアングルの90%がクローズインパクトでした。ラウンドでは左へ飛び出すことが多く、左を嫌がり体が開いて右に打ってしまうミスが多いようです。スイングの流れを見るとトップのポジションではスクエアなフェイス面ですが、ダウンスイングで急激にシャットに使ってしまうようです。

ダウンスイングの修正
フェイスアングルがクローズになるポイントを修正ですが、まず、トラックマンで確認しながらインサイドからインパクトを向かえられるようにスイング軌道を修正しました。軌道は修正できたのですが、やはりまだフェイスアングルがクローズです。スイングの特徴として、コースでは腕の振りに頼り、上半身から打ち急ぎ気味なのでスイングテンポが速くなる傾向が有ります。軌道の修正も大切ですが、ダウンスイングで力の入りすぎるポイントを修正しました。

修正ポイントはグリップ?
トップのポジションではフェイス面はスクエア、ダウンスイングで急激に被ってしまう原因を見つけました。腕の振りが強いこともあり、腕の力みと同時に手首もガッツリ固まってまてシャフトフェイスでクラブが下りてきました。そこで、グリップを現状よりストロングに替え、バックスイングで左手首の角度を意識して頂きました。トップで手首が甲側に軽く曲がるようなイメージを持って頂く事で肩、腕の力みも解消されました。上半身の力みが解消されたことでダウンスイングで一気に体も回転し易く振り切れなかったスイングからフィニッシュまでバランスの良く振り切れてきました。途中、左手の柔軟性と確認したところ、左手首と親指の硬さがあり、今後ストレッチが必要ですね。ボールが左に飛ぶからストロンググリップは良くないのではなく、自分の筋力や柔軟性に合ったグリップを見つけましょう。 短時間で修正出来るのも、トラックマンならではですね(^O^)

ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。
スイングに悩んだら、スイング診断へお申し込み下さい。
スイング診断はこちらをご覧ください!

PAGE TOP