fbpx

トップで左ひざが動きすぎてしまいカッコ悪い(;_;)

トップで左ひざが動きすぎてしまう?どうすれば動きすぎないか、そんな質問を頂くことが多くあります。気にされてる方の多くは左ひざの動きを少しでも抑えようとされてますが、抑える意識が強すぎて体幹のねじれまで弱くなって、結果スライスや飛距離ダウンにつながっています。思いっきりスイング出来なくなったと感じる方が多いようです。そこでこの左ひざの動きがなぜ大きくなるか?ですがこれは体重配分からくるものです。アドレスでは5:5、トップで9:1、フィニッシュで1:9こんな感じの方が多いと思います。ここで体重配分のトップのポジションを8:2もしくは7:3ぐらいのイメージに変えて頂くと左ひざの動きは抑えられます。これは単純にスエーが原因でトップで右足に体重が乗りすぎた現象です。テークバックの始動から右腰あたりまでクラブを上げた時点で十分に体重は移動してます。そこから更に腕を振り上げる動作で前傾が伸び上がり右足に体重が乗りすぎて左ひざが全く力の入らない状態になってます。このトップからですとダウンスイングで左へ体重移動も難しく右軸で回転してしまう可能性が非常に高くなりスライスや引っ掛け、ダフリの原因になりかねません。ゴルフ場は傾斜ばかり、トップのポジションでバランスよく立てっているかをチェックしましょう。

あなたのスイングの悩みを解決します! LINEの無料相談まで https://lin.ee/BIAzlPZ

友だち追加

友だち追加

最近の記事

  1. 2020.02.04

    ゴルフ
PAGE TOP