fbpx

トップでの左肩のポジションは?

東京でゴルフレッスンをお探しの方、マンツーマンゴルフレッスン専門のVZONEGOLF銀座です。ゴルフレッスン、ボディコンディショニング、ゴルフギアのサポートしてます。飛距離アップに悩んだら是非、ご相談ください。最短で目標達成します!今回はトップでの左肩のポジションについて説明します。

トップで左肩は?
トップのポジションで左肩はどのあたりまで回っていれば良いのかと質問がよくあります。一般的には 腰が45°、肩が90°とも言われてますが、年齢や身体の柔軟性の違いから全ての方には当てはまりませんよね。無理に肩を回そうとして、スエーしたり伸び上がっては上半身と下半身のねじれも出来なくなります。トップでの左肩のポジションはボールの右側まで回しましょう。

ボールの右側?
ボールを正確にインパクトするには、身体の正面でのインパクトする事です。その時に腰は目標方向に回転してますので実際には胸が正面、腰は左45°のポジションがベストです。トップの位置ではボールの右側まで身体を回せばインパクトが身体の正面に戻りやすくなります。例えば、今の寒い時期など朝一のショットは身体が回りづらいコンディションです。いつもよりボールを左足よりにセットしてボールの右側まで身体を回せれば、正面でのインパクトが優しくなります。注意するのは、ボールを右足よりに置かない事で、右足よりに置くことで身体のねじれはほぼ無くなり、インパクト時には肩が開いた状態でのインパクトになりますのでトップやスライスの原因になります。
スライスに悩んでる方は、伸び上がりに注意して前傾をキープした状態でトップを作り、ボールの右側まで身体を回すと事を意識しましょう!ボールを左足よりに置くことで、正面でのインパクトは可能になりますが、飛距離はやや落ちます。逆にボールを右足寄りに置き、そのボールより左肩が右側まで回せればさらに体幹のねじれも強くなり、飛距離もアップします。その日の身体のコンディションや飛距離を必要とするホールなど状況に応じてボールのポジションを考えてもいいですよね。自分の体に合ったポジションを見つけましょう!

VZONEGOLFオンラインコミニュティ
参加はこちらからどうぞ


ID:@tmv5843h

★これからもVZONEGOLFオンラインコミニュティでゴルフをエンジョイしましょう!

東京、銀座にマンツーマンレッスン&ストレッチのVZONEGOLFではお一人お一人のプログラムにて上達を目指します。世界一正確なレーダー弾道測定器、トラックマンでスイングを解析しウィークポイントをピンポイントで修正して行きますので短期間で目標達成も可能です! スイングを支える身体のメンテナンスもお任せください。スイングストレッチで思いっきりスイング出来るコンディションを取戻しましょう!クラブ診断も受付中です!

★★★ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。
スイングに悩んだら、スイング診断へお申し込み下さい。
スイング診断はこちらをご覧ください!


VZONE GOLF GINZA

東京都中央区銀座3-14-13 第一厚生館ビル B1F
レッツゴルフ銀座内東銀座駅より徒歩2分

PAGE TOP