fbpx

クラブ診断・シャフト振動数

東京でゴルフレッスンをお探しの方、マンツーマンゴルフレッスン専門のVZONEGOLFです。ゴルフレッスン、ボディコンディショニング、ゴルフギアのサポートしてます。飛距離アップに悩んだら是非、ご相談ください。最短で目標達成します!今回はクラブ診断・シャフト振動数についてです。

シャフト振動数とは?

シャフトの手元側を固定し、先端を振動させ、1分間にシャフトが何回振動するかを測定したものです。振動数の数値が大きいほど、シャフトが硬いことを示し、振動数の数値が小さいほど、シャフトが軟らかいことを示します。

硬さの基準!

硬いシャフトのクラブは、速い速度で振動するため、振動数の数値は大きく(シャフトのしなり戻りが早い)なります。軟らかいシャフトが装着されたクラブは、ゆっくりと振動(シャフトのしなり戻りが遅い)するため、振動数の数値は小さくなります。

シャフトの硬さを示すフレックスに注意?
シャフトの硬さを示すものとして、誰もが真っ先に思い浮かべるのは、フレックス(R/S/Xなど)ですね。しかし、驚いたことにフレックスは業界で統一した基準がないのです。フレックスは、各メーカーの基準が曖昧なので、シャフトの硬さを示す絶対的な基準にはなり得ません。「アスリートモデルのRがアベレージモデルのSよりも硬い」というようなことは、よくあることです。また、また、近年はメーカーがシャフトをどんどん軟らかくする傾向にあり、レディースクラブなみに軟らかい(振動数が小さい)「S」シャフトなどが実在します。

ヘッドスピード40m/sの適正シャフト振動数

ヘッドスピード40m/sの適正シャフト振動数はドライバー45インチとして245cpmあたりがベストです。最近の純正品のドライバーは柔か目のシャフトが多く、XXIO10のドライバーでフレックスSで232cpmでした。アスリートモデルのフレックスRがアベレージモデルのフレックスSよりも硬いとこんな現象になります。

クラブ選びの参考にシャフト振動数
クラブ選びにはいろんなん方法があります。ヘッドやシャフトの好みや相性がありますので一番自分に安心感のあるクラブが一番ですが、その中の一つとしてシャフト振動数を基準のクラブ&シャフト選びもお試しください。シャフトのしなりとしなり戻りが合えば飛距離アップも可能です。インパクトの瞬間にタイミングよくミート出来るのがシャフトの役割ですのでシャフト硬さもクラブ選びのポイントに必ず加えましょう!

VZONEGOLFオンラインコミニュティ

参加はこちらからどうぞ

ID:@tmv5843h

Zoomオンラインレッスン【通信型ゴルフ教室】

まずは動画を送ってください。24時間365日受付!

ZOOMを使った遠隔マンツーマンレッスン ZOOMを使ったオンラインレッスン!あなたの練習を遠隔でレッスン、あっという間に悩みが解決しす!スマホがあればZOOMアプリをダウンロードするだけOK!全国どこでもマンツーマンレッスンが可能です!
http://urx3.nu/0xsQ

【スイングチェックマニュアルプレゼント】

LINEより登録頂き、ダウンロードしてください。

友だち追加

最近の記事

PAGE TOP
お問い合わせはコチラ
お問い合わせはコチラ