fbpx

オーバースイングで悩んでませんか?

ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。先日のレッスンで生徒さんから、コースに行くと練習よりかなり大きなスイングになり、かなりのオーバースイングだと指摘されたのでコンパクトなトップを意識してスイングしてますと言われこれでいいですか?質問されました。

オーバースイングでボールコントロールが難しい!
グリーンを狙うアイアンショットが全くグリーンに乗らない(;_;) 仲間からアイアン振り過ぎ!との指摘があるのですが、自分ではコンパクトにスイングしてるつもりが動画を見ると、いつもと変わらずマン振り!!! とにかくグリーンに乗らない、どうすれば・・・・?

スイングをコンパクトにしよう?
まずは、いつものイメージより小さくスイングしてオーバースイングを防ぐ事にしたようです。コンパクトにスイングは正解だと思います、がトップでのシャフトの角度だけを意識するのはNGです。形ばかり気にして、本来大切な体のねじれが失われます。トップでのシャフトの角度はOKでも肩の回転が浅ければこれもまた、曲がる原因になります。当然、距離も必要ですし、コンパクトなトップで飛ばなくなったらスコアメイクも厳しいでしょうね。

肩の回ったバックスイングでオーバースイングにならない方法!
ポイントは1つ、前傾です!アドレスで出来た前傾をトップのポジションでもしっかりキープしましょう。オーバースイングで悩む方の多くは、アドレスで股関節からの前傾が浅く、更にバックスイングでその前傾が伸び上がります。そのため腕も制限される事なく上がり、その結果、オーバースイングになってしまいます。

オーバースイングに悩む方!
オーバースイングを改善するにはアドレスから見直しましょう!オーバースイングに悩む方の多くは、トップでのシャフトの角度だけを意識し、必死にシャフトの角度を抑えようとしてます。そのシャフトの角度は現象です。本当の原因から修正しないといつまでもオーバースイングに悩み改善は不可能ですね!アドレスで股関節から前傾が出来ている事がとても重要です。

スイングの悩みを解決するには!
スイングを見ると、気になる点があると思います。大切なことは、気になる点=現象です。本当の原因を見つけることがスイング修正の最短コースです。ゴルフスイングに重要なポイントはまずはアドレスにあります。写メや動画、練習場での鏡などを有効に利用して、いつも同じアドレスが作れるようにチェックしましょう!アドレスのカッコ悪い、プロゴルファーはいませんよね!全ては基本にありますので、調子が悪くなっても慌てず、アドレスチェックしてみましょう! これからもゴルフを楽しめる為にも、一人で悩むよりスイング診断へご予約下さい。あなたの悩み、改善方法などをアドバイスします。

ゴルフレッスンを東京の東銀座、レッツゴルフ銀座で開催してます。
スイング診断はこちらをご覧ください!

友だち追加

最近の記事

PAGE TOP