fbpx

バンカーかんたん脱出法!

多くのゴルファーの方が苦手とするバンカーショット( ノД`)シクシク…
出来るだけバンカーを避けても、何故だか吸い込まれるように入ってしまい、頭真っ白で大叩き、ラウンド後、スコアを見ると、あのバンカーでの失敗がなければなんて経験がある方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は『バンカーかんたん脱出法』をお伝えします! まずバンカーショットもアプローチもスイングは同じです。バンカーではフェイスを開いてオープンスタンスにして、ボールの手前から砂を取ってなどなどいろんな事を考えながらスイングしている方が非常に多いようでが、かんたんに考えますとバンカーショットはスリークォーターショットが出来ればOKです。スリークォーターショットとはスイングの振り幅が左右対称に右肩から左肩ぐらいのイメージです。まずはアプローチでスリークォーターショット(右肩から左肩)の練習をしましょう。左右対称に体幹の動きに合わせて打ち急がす手打ちにならないようにだけ注意してスイングします。大きなポイントはこのスリークォーターショットが出来れがバンカー脱出は必ず成功します! あとはアドレスの注意点ですが、グリップを少し短く、バンカーにつま先から足を埋めます。次にスタンスを少しだけ広く股関節、膝をいつもより深く曲げて重心を落とします。あとは先程のスリークオータースイングで左右対称にスイングでOKです! えっ、これだけ? はいOKです!

ポイントは、『スタンスを少しだけ広く股関節、膝をいつもより深く曲げて重心を落とす』です。重心を落とす事と左右対称にしっかり体を回し体重移動することです。重心を落とすとクラブの最下点も下がりますので左右対称にスイングすれば自然に砂も一緒に取れ、エクスプロージョンになります。砂の手前を打とうなど考えると体の回転が止まりますのでダフリやトップの原因になりますので、手先の感覚には頼らないでください。バンカーもアプローチもスイングの基本は同じです。手打ちにならないように体の回転で左足まで体重移動しシンプルにスイングしましょう! バンカーが苦手な方はスリークォーターショットの練習をたくさんしてバンカーに入ったらスリークォーターショットの練習をイメージしましょう。例えばそのスイングでトップすれば重心が思ったより落ちてない事です。逆にクラブが深く入り過ぎてヘッドが抜けないのは体の回転が出来て無く、左足まで重心移動が出来ず回り切れてない事が原因です。このポイントだけでもバンカー脱出は十分に可能です。焦らず左右対称にスイングして1発脱出を目指しましょう!

友だち追加

最近の記事

PAGE TOP
お問い合わせはコチラ
お問い合わせはコチラ