fbpx

ストレッチ

ゴルフスイングに大切なストレッチ②

今回は、前回の『ゴルフとストレッチ(柔軟性)』について、より深く本質に迫っていきます。

筋肉の柔軟性とゴルフ上達の関係
ゴルフの飛距離UPに向けて重要視するポイントは、スイングにあります。 つまり、自身の筋力ではなく、スイングフォームや身体の使い方によってボールにパワーを伝える伝達能力が大切なのです。 スイングにおいて身体の捻転は、パワーをボールに伝える最も重要な要因となっています。 パワー伝達と力の発揮するタイミングが合わさって、スイング時のインパクト力とボールの飛距離が決定されます。 ゴルフをする一般的な男性は、スイングスピードが早いにも関わらず、女子プロゴルファーよりボールの飛距離が低い、又は同等である、と言われています。 筋力に関しては一般男子ゴルファーの方が強くて多いですが、女子プロゴルファーは、その差を柔軟性で埋めたりしている率が高いのです。 前述通り、ゴルフは体幹を基に、身体の捻転をいかにうまく伝達するかが非常に重要であり、うまく伝達できればボールに力がのります。つまり、柔軟性とパワー伝達は密接な関わりがあるといえます。柔軟性が増せばスイング全域において、自らの最大筋力でボールにパワーを伝えることが可能になります。

ゴルフ上達のカギは筋肉の可動域量
ゴルフにおいて必要な柔軟性の部位は、肩甲骨、肩甲骨周り、股関節回り、足首・手首です。そこに、腹筋や胸周辺の筋肉が伴います。基本的に捻る動作、と言うのは無理に行うと怪我が巻き起こる可能性があります。ゆえにゴルフの上達だけではなく、日常の怪我予防にもつながる、と考えて普段から取り入れる事が望ましいと言えます。筋肉の柔軟性とは、運動機能の向上だけではなく、極身近な振る舞いや行動にも直接関与しています。そこで、日頃からのトレーニングやエクササイズが必要となるわけですが・・・面倒ですよね。

その様な方にお勧めなのが、気軽にできるストレッチなのです。ゴルフを始める前にストレッチをするだけで、筋肉の柔軟性が高まり、パフォーマンスを飛躍させることができます。

関連記事

  1. ストレッチ

    関節可動域を広げ、柔軟性を高めたしなやかな身体に

    地道なストレッチングは、可動域を広げる効果があります!久しぶりにス…

  2. ストレッチ

    姿勢が悪いと内臓に悪影響を及ぼす-ストレッチの真実③

    6. 姿勢が悪いと内臓に悪影響を及ぼす骨盤が後傾した悪い姿勢が続く…

  3. ストレッチ

    筋肉は縮むだけで自ら伸びることはない-ストレッチの真実②

    3. 筋肉は縮むだけで自ら伸びることはない筋肉は定期的に伸ばさない…

  4. スイングストレッチ

    体験スイングストレッチ

    ゴルフスイングを体幹から見直しバランスよく飛距離アップストレッチで皆さ…

  5. ワンポイントレッスン

    VZONEスイングプログラム

    東京でゴルフレッスンをお探しの方、マンツーマンゴルフレッスン専門の…

  6. スイングストレッチ

    40才を過ぎて飛距離が落ちたと感じるあなた!

    貴方のゴルフを奇跡的に変える「スイングストレッチ」あなたの悩みを解…

https://line.me/ti/p/%40900vtixx
  1. ワンポイントレッスン

    スイングチェックシートプレゼント!!
  2. ストレッチ

    朝、目が覚めたらゆっくりストレッチから!
  3. ワンポイントレッスン

    100が切れそうで切れなかったのにアドレスを丁寧にしたら94!
  4. ストレッチ

    お家で鍛えよう!
  5. ワンポイントレッスン

    ラウンドの後半にいつもスコアが崩れてしまう?
PAGE TOP