fbpx

スイングストレッチ

イメージトレーニング

今回は、前回少しお話したイメージトレーニング(ビジュアリゼーション)について触れていきます。

有名なスポーツの選手は、自分がどんなプレーをするのか、常に強くイメージしていると言われています。彼らは毎晩眠る前に、自分が優勝する場面を繰り返し映画のように視覚化したり、プレーの中でも、常に頭の中に自分が起こしたい、と思う結果や行動を、クリアに描いているのです。 

人間の脳は、現実と想像の区別が付かない

人の脳は、今実際に起こっていることと、想像の中で起きていることの区別をつけることは出来ません。全て、「今起こっていること」として体は反応します。例えば、ドライブ中に誰かが「この先、ひどい渋滞になっているらしいよ」と言えば、多くの場合、言われた人の体は反応を起こし、血圧が上昇したり息が荒くなったりします。実際には渋滞に入っていませんし、その先に渋滞がないかもしれません。しかし、体はそのことがあたかも現実に起こったかのように反応します。その他、気が重い仕事や予定があると、その前日からなんとなく気分が上がらなかったり、胃の辺りが痛みを起こすのも同じ理由です。このことをアメリカのある博士は、以下のように著書しています。仲間うちで誰かをこっそりターゲットに決め、そのターゲットにひとりずつ、「ボブ、気分が悪いんじゃないの?」「ずいぶん顔色が悪いね」と徐々に話しかけていく。ボブは、やがて洗面所に入って鏡をのぞきこむ。ほどなく気分が悪くなり、体が弱ったような気になる。ついには本当に病気になって寝込んだり、家に帰ったりすることすらある。この様に、人間の神経系は【イマジネーション】での体験と【現実】との体験を区別することができないのである、と。要するに、私たちはイメージを上手に使う方法を身につけさえすればいい、と言う事である。ある意味、医者から砂糖を処方され、治ると思い込む事によって、病が消えてしまうのと類似していますね。

脳が現実と想像を区別できないと言うことは、この話でご理解いただけたと思います。次回は、非常に有名なプロゴルファーの話を踏まえ、イメージトレーニングと関連付けます。

関連記事

  1. ワンポイントレッスン

    飛距離アップは脚からのパワー!

    ゴルフスイングを習得し飛距離アップに必要なポイントを、多くのゴルファー…

  2. ストレッチ

    スポーツとストレッチ 効果を上げる3つの豆知識

    スポーツをする際に必ず行われるストレッチ。たかがストレッチ、されどスト…

  3. ストレッチ

    ストレッチで効果が出ない人の5つの理由

    「ストレッチを継続しても変わらない」という方の意見がありました。同じ悩…

  4. ストレッチ

    スポーツとストレッチ

    今回は、スポーツの落とし穴について探っていきます。あなたは見落としてい…

  5. ストレッチ

    ゴルフスイングに大切なストレッチ②

    今回は、前回の『ゴルフとストレッチ(柔軟性)』について、より深く本質に…

  6. お客様の声

    飛距離が戻り始めました!

    昨年、飛距離が落ちて行き、スコアメイクに苦しんでいたYさん、60才。2…

https://line.me/ti/p/%40900vtixx
  1. クラブ診断

    グリップ交換してますか?
  2. クラブ診断

    クラブ診断/アイアン
  3. ストレッチ

    ストレッチしてますか?
  4. ワンポイントレッスン

    ショット好調も・・・・バンカーで撃沈(;_;)
  5. ひとり言

    今でも記憶に残スペインの英雄、セベ・バレステロス
PAGE TOP